小学生から塾は必要?行くならいつから?子どもと話し合い!

小学生から塾は必要?行くならいつから?子どもと話し合い!

 

 

勉強が難しくなる高学年になると、
どうしても勉強に対して苦手意識を持つ、
そんな子どもが出てきます。

 

 

保護者の方も中学校を意識して、
子どもの勉強に力を入れ出すのも、
高学年の時期が多いと感じます。

 

 

学校の勉強についていくために塾に入る。
中学校で困らないように塾に入る。

 

 

確かに塾に入り勉強時間を増やせば、
多少は勉強ができるようになるでしょう。

 

 

しかし、部活や宿題で本当に忙しくなる
中学生になってからも、
その方法をとり続けることができるでしょうか?

 

 

そもそもあなたのお子さんは、
勉強に対して危機感をもって、
前向きに塾に行くことを捉えているのでしょうか?

 

 

今回は塾に入るタイミングと、
入る場合の準備について書いていきます。

 

 

塾は本当に必要なの?

 

 

私個人の考え方を言わせてもらうと、
私立中学校の受験がある子は別にして、
塾に行く必要は無いと思っています。

 

 

塾に行かなければならない状況は、
ある意味教師の怠慢だと思います。

 

 

しっかりと授業で子どもをサポートできれば、
塾に行かずともある程度までは、
子どもを伸ばすことができるからです。

 

 

そうは言っても、実際にお子さんの通知表や、
テストの点数を目の前にすると、
焦りを覚える保護者の方がほとんどでしょう。

 

 

ただ、塾に行けば成績が上がり勉強ができるようになる。
そんな幻想は捨てたほうが良いでしょう。

 

 

習い事もそうですが、
子どもにやる気が無い状態で始めても、
結局身につくことはありません。

 

 

勉強が苦手で、親に無理やり塾に行かされた子どもで、
成績がグンと伸びた子を、
私は見たことがありません。

 

 

逆に言うと、
もっと難しい問題をやりたい。
もっと勉強ができるようになりたい。

 

 

そういった意識を持っている子どもは、
漏れなく塾に入ったことで大きく成長します。

 

 

あなたのお子さんはどうでしょうか?
子どもが求めているのならば必要
求めていないのなら不要
これが私の考える塾の必要性です。

 

 

中学校に入ってからのこども

 

 

塾に入れば勉強時間が増えますので、
塾に入って成績の下がる子はいないでしょう。
やる気などの質は別にして量が増えるわけですから。

 

 

しかし、その勉強のやり方は、
中学校に入ってからは難しいと思います。

 

 

小学校時代は時間にゆとりがあります。
塾に行く時間もあるでしょうし、
それも夕方に終わるところが多いでしょう。

 

 

自分の子どもはもちろんですが、
卒業していった子どもの話、
中学で働く主人の話から総合的に考えると、
塾に行くことで子どもはかなり辛くなります。

 

 

もちろん部活にも入らず、
友達と遊ぶのも我慢して、
塾に行くというならば話は別です。

 

 

しかし、そこまで勉強に打ち込んでやれる子は、
おそらくほとんどいないでしょう。

 

 

学校で授業をしっかりと受けて
部活をやり、友達とも遊び、
テスト前に出る課題をこなしながら
夜に塾で勉強をする。

 

 

ある意味大人よりもハードなスケジュールで、
自分の子どもがやることができると思いますか?

 

 

ほとんどの子は疲れてしまい、
どこかで手を抜くようになってしまいます。

 

 

遊びで手を抜く子はいませんので、
学校や塾の授業中や、部活の中で、
手を抜くようになるでしょう。
それでは本末転倒ですよね。

 

 

毎日の疲れでイライラして、
友人関係が悪くなるかもしれません。

 

 

うちの子は大丈夫、がんばれる。
そう思うなら良いのですが、
大半の子は上手くいかないというのが、
私個人の意見です。

 

 

結局小学校時代に質をカバーするために、
量をこなす勉強方法を覚えてしまい、
それが中学校では通用しなくなるのです。

 

 

では小学校時代に塾に行かず、
勉強をするためにはどうしたら良いのでしょう?

 

 

家庭学習を自分でやるクセをつくる

 

 

結局のところ勉強をするのは自分です。
学校の授業や塾の授業などの、
環境に頼って勉強しているようでは、
どこかで壁にぶつかってしまうでしょう。

 

 

でもうちの子は家で勉強をしないし・・・。
そう思う保護者の方がほとんどでしょう。

 

 

しかし、勉強を家で、しかも自分の力でやる。
そのようにしてあげることが、
塾に入れて一時的に勉強量を増やすよりも、
その子の将来のためになるでしょう。

 

 

覚悟を決めて、保護者の方もお子さんと一緒に、
机に座って勉強をしてみてはどうでしょうか?

 

 

きちんと話をして、子どもと一緒にがんばる。
もしそれでも全く勉強をしたがらない、
そして勉強ができないという状態ならば、
塾に入れたところで変わらないでしょう。

 

 

自分で、家で勉強するクセさえつけられれば、
無駄なお金を使わなくてもいいですし、
子どもの時間も奪われません。

 

 

なにより中学、高校の忙しい時期に、
自分の力でやっていけるようになるのです。

 

 

自分の力で勉強する力というのは、
将来的にも絶対必要な力になります。
その力を身に付けるならば、
時間のある小学校時代が最後のチャンスです。

 

 

塾に入るという考えになる前に、
ぜひやってみてほしいです。

 

 

最後に

 

 

我が家の子ども達は、主人と私の考えで、
小学校時代も中学校時代も塾には入れませんでした。

 

 

もちろん受験生時は夏期講習などの、
短期講習を受講させたことはありました。
ただ、それも子どもがどうしても行きたいと、
言ってきたので、認めた形でした。

 

 

学校の授業と宿題をしっかりこなしていれば、
そこまで勉強でこまることは無いはずです。

 

 

ただ、家で必ず勉強をするというクセをつけて、
それを継続していればという前提です。

 

 

安易に塾に入れるのではなく、
子どものためにお金ではなく時間を使って、
子どもと一緒に勉強してみませんか?

 

 

>>勉強をしない子どもには?に戻る

 

こちらもよく読まれているページです

勉強する習慣は親の協力が必要!
家に帰ったら手洗いうがいをする。夜寝る前にお風呂に入って歯を磨く。朝起きたら顔を洗ってトイレに行く。みなさんも思い出してみると、色々な習慣によって生活が成り立っていることに、気が付くと思います。その習慣の中に、「勉強をする」というものを組み込むことができてしまえば、後は子どもが勝手にやるようになります。今回は家庭での勉強を習慣化する方法と、親の協力の大切さについて書いていきます。
正しい姿勢で集中力と学力アップ!
私は鉛筆を正しく持てているかどうかを、その子が字を書いている姿を見れば、すぐに分かることができます。鉛筆を正しく持っている子どもは、姿勢の良い子が多く、鉛筆の持ち方が間違っている子どもは、姿勢が悪い子が多いからです。また、姿勢が良い子の方が、集中力が高く、姿勢が割る子の方が、集中力が低くなりがちです。今回は子どもの集中力を上げるために、まずは鉛筆の持ち方から考える。そんな話を書いていきたいと思います。
学校の復習は家族の会話から!
小学校の勉強というのは、大人になってからも使うような、知識の基本となるものだと私は思います。小学校の勉強で予習というのは、私は必要ないと考えています。しかし、知識を定着させるためにも、 復習は絶対に必要です。復習でまず最初に思いつくものは、宿題を行うことだと思います。ただ、宿題はその日の勉強内容ではない場合もありますし、あくまで一部であり学習内容全てではありません。復習というのは何も机に座ってノートと鉛筆を使って、 勉強をすることだけではありません。子ども自身が学習内容を思い出しながら、親に伝えるだけでも十分なのです。
子どもの字が汚くて雑?丁寧と同じくらいスピードは大切!
自分の子どもの字が汚い。全然上手に書いてくれない。そんな悩みを持つ親御さんも多いでしょう。恥ずかしながら、我が家の息子も、お世辞にも上手とは言えない字を書いていました。担任しているクラスの子の中にも、ぐちゃぐちゃな字を書いてしまう。そんな子どもが必ずいます。しかし、字が汚いことと、字が雑なことを、一緒にしている方が多いと感じます。そして、雑だけど早いスピードで字が書けるというのは、考え方によっては良いことなのです。
結果よりも過程を評価する!子どもの成長を認める言葉がけ!
勉強や運動、授業態度やノートの字色々なことが結果として子ども出てきます。よく結果が全て。過程なんて意味が無い。そんな言葉を聞くことがあります。しかし私はそうは思いません。そもそも結果というのは何を指しているのでしょうか。算数のテストの点数?逆上がりができること?運動会の徒競走での順位?小学校時代のそんなもので、その子の将来が決まるわけではありません。

サイトTOP